ヘンプオイル  ~いすみ市からニュージーランドへ~

ヘンプオイル  ~いすみ市からニュージーランドへ~

ニュージーランドに来ています。

12月と1月いっぱいは、南半球で夏を過ごします。

 

今日はヘンプオイルについて。

オークランドにあるHEMP STORE で、ヘンプグッズをゲットしました。

その中には、ニュージーランド産のヘンプオイルがあります。

麻の実から採れるヘンプオイル(ヘンプシードオイル)は食用以外でも、肌の保湿力と浸透性に富み、血行をよくする働きから化粧品として使用されたり、アロマテラピーやマッサージなどのベースオイルとしても利用されていて、

その多様性と栄養価の高さは、今後さらに注目されるでしょう。

 

ヘンプオイルの特徴

ヘンプオイルには、人間の身体に必要な必須脂肪酸の含有量が80%ほど。

植物油の中では最も多い含有量であるといわれています。

健康と美容を保つために必要な必須脂肪酸は、バランスよく摂ることが大切ですが、厚生労働省が推奨するリノール酸とα-リノレン酸の割合が4:1なのに対し、ヘンプオイルに含まれるリノール酸とα-リノレン酸の割合は実に3:1と、非常に近い割合となっています。

 

 

リンク

[ヘンプシードオイル]の効能!ココナッツオイルよりすごい -

高機能・高栄養価食品「ヘンプオイル」の実力

ヘンプオイルの効能効果と使い方~癌にも有効!次に流行るのはこれ~

 

«余談»

糖尿病の父親には、ヘンプオイルが最もおすすめなオイルであると伝えました。

その理由は、糖尿病に有効な成分であるγ-リノレン酸が多く含まれているからです。

 

血糖値を下げる方法 というサイトでは以下のようにあります。

糖尿病に良い成分に、γ(ガンマ)-リノレン酸があり、必須脂肪酸のひとつとされています。

そして、この成分は体内でも作られていますが、その多くは食べ物から取り入れています。

γ-リノレン酸には、血圧やコレステロール値、血糖値を下げる効果が期待できます。

ヘンプオイルには、天然の食用油の中で最も多くのγ-リノレン酸を含んでいます。

スプーン1杯分のヘンプオイルを摂取するだけで、成人が1日に必要とするα-リノレン酸とγ-リノレン酸を摂ることができる優れものなのです。

 

ヘンプオイルでヘルシー&ビューティー

希少な成分でありアンチエイジングの脂肪酸といわれる「ガンマ-リノレン酸(GLA)」を含む代表的(一般的)なオイルは、「月見草オイル」と「ヘンプオイル」だけだそうです。また、「アルファ-リノレン酸(オメガ3)」と「ガンマ-リノレン酸(GLA)」を同時に含んでいる植物油は、実は、「ヘンプオイル」だけなんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>